クリエイターの「未来」を明らかにする、サウンド制作のためのリアルノウハウイベント。

そして、Pro Toolsは次のステージへ。DAWという制作スタイルを生み、常にそのデファクトスタンダードとして業界をリードしてきたPro Tools。2021年はPro Toolsが誕生して30年というアニバーサリーイヤーです。すでにデジタルネイティブな世代のクリエイターが数多く現れ、サウンド制作の様式は30年前の当時と大きく様変わりしました。特に2021年は空間オーディオのコンテンツ制作が本格化し、ユーザーがその未来体験に触れて今まで気がつかなかったかもしれない内なる感覚を呼び覚まし、次々と感動の新たなカタチを得ています。

本年のAvid Creative SummitではDolby Atmos、360 Reality Audioといったイマーシブサウンドの急先鋒に焦点をあて、ゲストにはUebo 氏、モリシー 氏 (Awesome City Club)、murozo 氏(SureBiz)、山麓丸スタジオ Chester Beatty 氏、當麻 拓美 氏を迎え、アーティスト・制作現場で展開されるクリエイティブの真相に迫ります。また、ビデオポストプロダクションのセクションではMedia Composer-Pro Toolsの統合ワークフローやそのメディアアセットにおけるAvidの最新提案とはどのようなものか、クリエイターが必要とする常に一歩先の未来を明らかにします。

そして、視聴者の皆様に向けてPro Tools 30周年を記念したアニバーサリープレゼントもご用意。各セミナーごとに発表されるアンケートフォームからお一人様1通をご応募、つまりセミナーを見れば見るほど応募のチャンスが増え当選確率もアップします。新たな体験と制作への扉を開く賞品の数々をお見逃しなく!2021-22年の制作をリードするインフォメーションを満載したAvid Creative Summit 2021 Online、ぜひご覧ください!!

◎タイムスケジュール
空間オーディオによって広がりを見せる制作シーンでAvidソリューションがどのように携わり、クリエイターとともにコンテンツを彩っていくのか。アーティスト・サウンドエンジニアが現場で触れるDolby Atmosの実際、そして存在感を増す360 Reality Audioのワークフロー、もちろんAvidスペシャリスト陣による最新情報やPro Tools-Media Composerの統合フロー、メディアアセット管理のノウハウに到るまでソリューションとして提案されるAvidの「いま」を7つのプログラムでお届けします。

プログラム詳細、試聴方法はこちらから

Network PA
IP Audio
PTZ Camera

最大512チャンネルをEthernetケーブル1本で転送可能なIPネットワークオーディオを用いた最先端のライブソリューションを常設。タッチパネルでミキシングが可能なLV1、スタジオ標準のエフェクトプラグインをライブで使用可能なWaves Sound Gridサーバー、コンピュータからフルコントロール可能なPTZカメラなど、ライブ設備・設営を根底から変える最先端のIPネットワーク技術をすべて利用可能です。

Live
Streaming
4K

LUSH HUBは最大70名を収容するライブ/エキシビジョン会場としての利用はもちろん、YouTubeやVimeoなどで標準となりつつある4K収録・ライブ配信にも対応。マルチカメラやグリーンバック、ムービングライト&フラットライトを活用した映像演出も可能なため、来場者とストリーミングで全く異なるライブ体験を提供することも可能です。

Read More
LUSH HUB